FC2ブログ

こども英語 Lesson日記

こども英語講師による子供英会話レッスンのレポート日記です。 英語教材や英語学習についてのお話しも!

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

伝わる喜び

カードゲームをやっている時に、どうしても日本語で
話してしまう小学校1年生の生徒さんがいます。
「なるべく英語で頑張ってみよう!」
と言ってみたところ、なんと次のゲームでは日本語を全く入れず
英語だけでゲームを進めることが出来ました~!
この生徒さんにとっては初めてのことです。
英語だけで、と言っても文章を作るのはまだまだ難しいようで
ジェスチャーを交えながら、one、twoなどの数字、
nothing、pair、 open、closeなどの知っている単語のみでしたが
十分理解することが出来ました!

これで言葉を学ぶことの楽しさ、コミュニケーションの楽しさを
知ってもらえたら嬉しいです。


*定期購読しています*
■アルク子ども英語 ■アルク子ども英語 定期購読


人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ
スポンサーサイト
記事編集

絵本を翻訳!できるかな?

兄弟でレッスンを受けている生徒さんから、
「先生これ日本語で読んで~!」とセサミストリートの英語の絵本を渡されました。
小さい頃におみやげでもらってから家の奥でずーっと眠っていたという絵本。
英語を習い始めてその絵本の存在を思い出し、何と書いてあるのか知りたくなって
引っ張り出してきたそうな。

本来ならば、レッスンで読む絵本に日本語は入れません。
絵を見ながら英語は英語で理解させるようにしています。


ですが今回は生徒さんの私物で
「お家にずーっっっと置いてある絵本の内容をどうしても知りたい!」
ということだったので、英語を読んだ後に日本語の訳もつけて読んであげることにしました。

「じゃあ、レッスンの最後に読もうね。」
なーんて軽く言ってしまった私。甘かった。
原文を読んで自分自身では理解出来ても、伝えるための良い訳が全然出てこない。
「えーっと、うーんと・・・」
出てくる日本語は直訳すぎて、絵本の面白さがちっとも伝わらない。
短い文だから簡単に訳せる、なんて短絡的に考えてしまった自分がハズカシイ。
とりあえず「先生に一週間時間を下さい。先生の宿題ね!」
と言って絵本を預ることに。

翻訳の能力というのはまた別のもの、ということをまざまざと実感し、
只今わたくしは日本語と格闘中であります!





*定期購読しています*
■アルク子ども英語 ■アルク子ども英語 定期購読


人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ
記事編集

素敵な替え歌♪

レッスンの中では色々な英語の歌を歌います。
リズムに合わせて「Hello~ Hello~♪
Hello ○○(←自分の名前やお友達の名前)Hello ○○~♪」
と振り付け付きで歌う歌があるのですが、
この歌を歌った後にアルファベットの練習をしていた時の事。
5歳の生徒さんが突然、"A"の文字を書きながら
「Hello "A "~、Hello "A"~♪ 」と替え歌にして歌い始めました。
そのアイデアいただき!
アルファベットにもHello~と言っちゃう感性がスバラシイ!


*定期購読しています*
■アルク子ども英語 ■アルク子ども英語 定期購読


人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ
記事編集

子供の自信

フルーツの絵が書いてあるカードを床に並べて
ショッピングゲーム(お店やさんごっこ)をしました。

商品を渡すときに「Here you are」、もらったら「Thank you」
Tnank youと言われたら「You are welcome」という一連の流れの中で、
5歳の女の子Yちゃんは、なかなか「Here you are」が言えません。
ですが、「Thank you」と「You are welcome」は
口を大きく開けて、はっきりと言う事が出来ます。
「Here you are」は、なかなか自分の中に入ってこなかったようで
「ヒー・・」でとまってしまいます。
ですが、たとえ言えなくても、何か言葉を発した時は「Good!」と誉めてあげます。
そして、もう1回言ってみようか?と促し、それでも言えなかった時は
それ以上は言わせません。
自身をなくしてしまったり、言いたくなくなってしまったりするからです。
そのかわり、子供が苦手だなと思った単語は、私が何回も口にして
耳を慣れさせるようにしています。


そしてショッピングゲームが最後にさしかかったころ、
Yちゃんの口から、突然大きな声ではっきりと「Here you are」と言う言葉が!
その声は自信に溢れていました。


*定期購読しています*
■アルク子ども英語 ■アルク子ども英語 定期購読


人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ
記事編集

はじめてのHello

私の生徒さんで、2歳になったばかりの女の子がいます。
レッスンをスタートしたのは1歳8ヶ月の時でした。
マンツーマンのプライベートレッスン。
お母さんも一緒のお部屋でのレッスンです。

レッスンを始めて約3ヶ月。
それまで発した英語は「え、び、し(ABC)」と「アポー(apple)」。
でもこれは私のレッスンを受けたからではなく、
前から言うことが出来ていた言葉。

ですが先週、アルファベットの練習をしていた時
私が口もとをよーーく見せながら、「エフ」と発音したところ
ちゃーんと下唇を噛んで、「エフ」と言うことが出来たんです!
耳で聞いただけで発音するのは難しいので
唇の動きをよーく見せるのはとても効果がある、と言うのを
実感した瞬間です。

よく先生が「look at me!」って言いますよね。
あれってとっても大事なんです。

ただ、遊ぶのが仕事、まだまだじっとしていられない
2歳児の子に、口元をじっと見させるのは至難の技!

そして今日、まず「Hello」の挨拶のとき。
(「Hello」と言えたことはまだありません。)
1回目は「Hello」と話し掛けても返事はなし。
2回目、私が顔を覗き込んで唇の動きを見せるように「Hello」と言ったところ
なんと!!「Hello!」と返ってきたではありませんか!!!
これにはお母さんも思わず笑顔♪

レッスンの初めに毎回「Hello」は言うのですが、今まで返ってきた言葉は
「こんちゃ(こんにちは)」や「しぇんしぇ(先生)」、
または頭をペコっと下げるだけでした。
それが今日、初めて「Hello」と言う言葉が返って来ました。
その後も、お人形を使って何回か「Hello」という言葉を
言うことが出来たので、大進歩です!



*定期購読しています*
■アルク子ども英語 ■アルク子ども英語 定期購読



人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。